Blog&column
ブログ・コラム

屋根塗装で防水性を高めるためのポイント

query_builder 2022/03/22
コラム
24
屋根塗装を考えている方は、防水性を高めるために注意すべきポイントが気になるのではないでしょうか。
実際、確認すべきポイントを見逃してしまうと雨漏りなどが発生してしまう可能性もあるのです。
そこで今回は、屋根塗装で防水性を高めるポイントについて紹介していきます。

屋根塗装で防水性を高めるためのポイント
■塗装の前に補修する
屋根塗装で防水性を高めるには、工事の前にしっかりとひび割れなどの補修をすることが大切です。
例えば水をしっかりと弾く塗料を塗った場合でも、ひびが入っていれば効果が低下します。

また下地が膨れ上がったり地震などの衝撃で歪んでいたりすれば、水漏れを再発させる可能性が高いです。
凹凸などができている場合は、事前に補修しておく必要があります。
屋根塗装の寿命を延ばすためにも、補修が必要な場所はしっかりと行いましょう。

屋根に合った塗装を選ぶ
屋根といっても、スレート瓦やモニエル瓦などさまざまな素材があります。
そのため、屋根の素材に合った塗装を行うことが大切です。
例えばモニエル瓦は「割れやすい」という特徴があります。

そのため、屋根の特徴に合った塗装を選ぶようにしましょう。
またスレート瓦の場合は、塗り替えられる回数が決まっています。
もし上限に達している瓦の場合は、塗装を行っても期待通りの効果が見込めません。
失敗しないためにも、十分に確認するようにしましょう。

▼まとめ
屋根塗装で防水性を高めるポイントは「塗装の前に補修する」と「屋根に合った塗装を選ぶ」です。
どちらも塗装を依頼する業者としっかりと話し合い、しっかりと確認しましょう。
弊社では、厚木市を中心に塗装工事やリフォーム工事を承っております。
しっかりと水を弾く屋根塗装をしたいという方は、ぜひご依頼ください。

NEW

  • 外壁塗装における養生の目的について

    query_builder 2022/11/15
  • 外壁塗装の必要性について詳しく解説

    query_builder 2022/11/01
  • 外壁塗装の費用相場について徹底解説

    query_builder 2022/10/15
  • 外壁塗装が剥がれる原因について解説

    query_builder 2022/10/01
  • 外壁塗装用塗料の耐用年数について詳しく解説

    query_builder 2022/09/15

CATEGORY

ARCHIVE