Blog&column
ブログ・コラム

屋根塗装で必要な縁切りとは?詳しくご紹介

query_builder 2022/01/28
コラム
16
屋根に瓦を使っていて、ストレート瓦なら縁切りが必要です。
縁切りは屋根の寿命に関わるので、必ずおこなってください。
では、縁切りとはどういったものなのでしょうか。
そこで今回は、屋根塗装で必要な縁切りについてご紹介します。

▼縁切りについて
■縁切りとは
ストレート瓦の屋根を塗装すると、瓦の重ね目に塗料が入ってしまいます。
そのまま乾燥すると重ね目が塞がった状態になるので、塞がった隙間の塗料を切る必要があります。
この作業を縁切りといいます。
縁切りをすれば、水の通り道を確保することができます。

■縁切りが必要な理由
縁切りをしないと、重ね目の隙間が塗膜で塞がった状態になります。
瓦をつたって屋根内部に雨水が侵入し、雨漏りを引き起こしてしまうので縁切りは必要です。

■縁切りは早急におこなうべき
縁切りをしているかわからない場合は、業者に依頼して屋根屋根裏の状態を確認してもらってください。
縁切りをしていないと、雨水が溜まったり、雨漏りの原因となるので屋根が劣化してしまいます。
ストレート瓦の屋根塗装では縁切りが必須ですが、手間のかかる作業のため中には縁切りをしない業者も存在します。
屋根トラブルを防ぐためにも、まずは縁切りをしているかどうかを確認してもらうようにしましょう。

▼まとめ
縁切りは、ストレート瓦を使用しているなら必須となります。
縁切りをしないと雨漏りなどを引き起こし、屋根の劣化や腐食に繋がるのでしっかりおこなってください。
また、厚木市にある「株式会社HI-craft」では、屋根塗装を承っています。
屋根塗装関係でお困りのことがあれば、ぜひお気軽にご相談ください。

NEW

  • 防水工事を依頼する業者の選び方について解説

    query_builder 2023/01/03
  • 外壁塗装における養生の目的について

    query_builder 2022/11/15
  • 外壁塗装の必要性について詳しく解説

    query_builder 2022/11/01
  • 外壁塗装の費用相場について徹底解説

    query_builder 2022/10/15

CATEGORY

ARCHIVE