Blog&column
ブログ・コラム

屋根に苔が生える原因についてご紹介

query_builder 2022/01/21
コラム
14
屋根の掃除やメンテナンスをしないと、苔が生えてきてしまいます。
苔は見た目が悪くなるだけではなく、屋根を劣化させる要因となります。
では、なぜ屋根に苔が生えてしまうのでしょうか。
そこで今回は、屋根に苔が生える原因についてご紹介します。

屋根に苔が生える原因
屋根材の防水効果が低下している
屋根材の防水効果が低下していると、水を吸水しやすくなってしまいます。
雨が降ると、水を吸ってしまうので苔が生える原因となります。

■日当たりが悪い
日当たりが悪い場所は、じめじめするので苔が生えやすくなります。
苔は水分が含まれる場所で増殖してしまうので、日当たりが悪い北方面は特に増えてしまいます。

屋根の表面がザラザラしている
屋根の表面がザラザラしていると、苔の胞子が付着しやすくなります。
屋根の塗料が劣化すると、表面がザラザラしてしまうので苔が生えやすくなります。
苔を取り除いた後、塗装をして表面を滑らかにすれば胞子の付着を防げます。

■森や川が近い
家や建物の近くに森があると、苔の胞子が多く飛んでくるので、生えやすくなります。
また、近くに川がある場合も湿気が多くなるため、苔が増えやすくなります。

▼まとめ
屋根に苔が生える原因は、屋根材の防水効果が低下している・日当たりが悪い・屋根の表面がザラザラしている・森や川が近いなどが挙げられます。
苔を放置していると、屋根の劣化が早まってしまうので早急に対処するようにしましょう。
また、厚木市にある「株式会社HI-craft」では、屋根のメンテナンスを承っています。
屋根の苔でお困りの場合は、ぜひお気軽にご相談ください。

NEW

  • 防水工事を依頼する業者の選び方について解説

    query_builder 2023/01/03
  • 外壁塗装における養生の目的について

    query_builder 2022/11/15
  • 外壁塗装の必要性について詳しく解説

    query_builder 2022/11/01
  • 外壁塗装の費用相場について徹底解説

    query_builder 2022/10/15

CATEGORY

ARCHIVE