Blog&column
ブログ・コラム

屋根のメンテナンスが必要なタイミングとは?詳しくご紹介

query_builder 2022/01/09
コラム
11
屋根は日光や雨、風にさらされるので年月の経過とともに劣化してしまいます。
では、具体的に屋根のメンテナンスはどのタイミングで必要なのでしょうか?詳しくご紹介します。

屋根のメンテナンスが必要なタイミング
■変色や色あせ
日光や雨が当たると、塗装はだんだんと劣化し、変色や色あせが起きます。
屋根の塗膜も落ちてしまうため、屋根の防水機能も低下してしまいます。
そのままにしておくと、雨漏りが起きたりコケなどが生えてしまうので早めにメンテナンスをしましょう。

■塗膜の剥がれ
塗膜の剥がれは経年劣化や施工不良が原因で起きます。
塗膜の寿命ともいえるので、放置すると屋根材に悪影響を与えてしまいます。

■チョーキング
屋根の表面を触ってみると、指に塗料が付着する現象をチョーキングといいます。
チョーキングは塗料が劣化しているサインなので、メンテナンスが必要です。

■剥がれや反り
屋根材が剥がれていたり、反っているなど目に見えて症状がある場合は早急にメンテナンスをしましょう。
隙間などから雨水が侵入してしまうと、雨漏りや錆の原因となります。
劣化が進んでいると、費用がかさんでしまうので見つけたら早めに対処してください。

▼まとめ
屋根のメンテナンスが必要なタイミングは、変色や色あせ・塗膜の剥がれ・チョーキング・剥がれや反りなどが起きたらです。
症状を放置してしまうと、さらに状態が悪くなってしまうので早急にメンテナンスをおこないましょう。
また、厚木市にある「株式会社HI-craft」では、屋根のメンテナンスを承っています。
屋根のメンテナンスをする際は、ぜひお気軽にご相談ください。

NEW

  • 防水工事を依頼する業者の選び方について解説

    query_builder 2023/01/03
  • 外壁塗装における養生の目的について

    query_builder 2022/11/15
  • 外壁塗装の必要性について詳しく解説

    query_builder 2022/11/01
  • 外壁塗装の費用相場について徹底解説

    query_builder 2022/10/15

CATEGORY

ARCHIVE