Blog&column
ブログ・コラム

雨樋リフォーム費用はどれくらい?雨樋が壊れる原因もご紹介

query_builder 2021/12/23
コラム
6
雨樋が壊れてしまったり、劣化してしまったら早めに対処することが大切です。
放置してしまうと、建物の寿命を縮める原因となります。
では、雨樋リフォームはどれくらいかかるのでしょうか?
また、雨樋が壊れる原因もご紹介します。

雨樋リフォーム費用
雨樋リフォーム費用は、およそ1?60万円ほどかかります。
費用は工事内容によって変動します。
例を挙げると下記になります。

雨樋の交換や修理…3,000?5,000円
雨樋の継ぎ手補修…5,000?2万円
・全体の交換…15?60万円

雨樋が壊れる原因
■ゴミなどの詰まり
雨樋は円筒状になっているので、ゴミや落ち葉などが入りやすくなっています。
ゴミを取り除かないと、雨樋が詰まってしまうので壊れる原因となります。
ゴミは日頃から手の届く範囲で取り除くようにしましょう。

■経年劣化
雨樋の耐用年数は、およそ20?25年です。
耐用年数を超えると、雨樋が外れてしまったり、穴が空いてしまいます。
経年劣化の場合は、新しいものに交換する必要があるので業者に依頼するようにしましょう。

■風や雪の影響
強い風や積雪で雨樋が壊れてしまう場合もあります。
悪化するとリフォーム費用がかさんでしまうので、早めに業者に相談しましょう。

▼まとめ
雨樋リフォーム費用は、およそ1?60万円ほどです。
リフォームする部分によって費用は異なります。
また、雨樋が壊れる原因は、ゴミなどの詰まり・経年劣化・風や雪の影響などが挙げられます。
雨樋が壊れたら、さらに状態が悪くなってしまうので早めにリフォームをおこないましょう。

NEW

  • 防水工事を依頼する業者の選び方について解説

    query_builder 2023/01/03
  • 外壁塗装における養生の目的について

    query_builder 2022/11/15
  • 外壁塗装の必要性について詳しく解説

    query_builder 2022/11/01
  • 外壁塗装の費用相場について徹底解説

    query_builder 2022/10/15

CATEGORY

ARCHIVE